初心者向けスジボリ道具紹介【BMCタガネ以外】

youtube

こんにちは久しぶりの投稿になります。今回はスジボリ道具を紹介します。

世間ではBMCタガネ最強みたいなことになってますが
他にもいいものはあります。今回はそれの紹介です。
当然BMCタガネは良い商品です。自分も使ってます

これまたyoutubeに動画も出しています参考までに。

その1 ラインスクライバーCS

ハイキューパーツ ラインスクライバーです。

現在5種類の幅が出てるっぽいです。自分は0.8mmの太めのものを使っています

ペンタイプとなっておりデザインナイフぐらいの重さがあり、操作性がいいです。
切れ味?彫り具合はタガネとそんなに変わらないかなという印象です。

よい点→リーズナブルで操作性がよい。個人的に切れ味も問題ない。
悪い点→太さが5種類しかない。もしかしたらお気に召す太さがないかも。

その2 スジボリライナー

2つ目はスジボリライナー。
500円前後

こいつは形状が針みたいになってるタイプ。
曲線とか既存のモールド彫り直しに使うのがいいかも(個人の感想w)
で、注目ポイントがあって 針といってもとがり具合が商品によって違う。

僕が購入したのはそこまでとがっていないものです。
とがりすぎていると少し力が入っただけで「ギ――――」とガッツり彫っちゃう。

よい点→安い。傷がつきずらい。
悪い点→作業量が増える。モールドが少し太くなりがち。

例えばかなりとがっているものとしてはこの商品。
1000円前後

先端がかなり鋭利なので、細かいスジボリができる。
よく掘れる(ざくっとささるんで。)ただやはり曲線のスジボリ向けかもしれない。
そしてめっちゃ痛い。

よい点→安い。鋭利なので細かなスジボリができる。
悪い点→扱いが難しかった。僕がへたくそなだけだがちょっとでも力むとはみ出る。

まとめ

スジボリツールいろいろあるが、タガネ以外は比較的リーズナブルに買える。

直線用→タガネ、ラインスクライバーCS
曲線用→スジボリライナー(先端がとがっている商品)

の二つを用意するのがよいと思う。

まだあると思うので今後紹介していこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました