HGに恋するふたり 2巻感想 多少のネタバレあり

ガンプラ他、ツール

HGに恋するふたり2巻が発売されたの早速読みました。 

HGに恋するふたりってどんな漫画?

作品あらすじ

14歳の時ガンダムとの運命的な邂逅をはたし、MS萌えに目覚めた神崎さやか。周囲とのギャップや家族の無理解などからその気持ちを抑え込んで生きていたが、ある日、ガンプラ好きの女子高生・高宮宇宙(そら)と出会い…!?ガンダムを愛する二人が出会った時、何かが始まる――。『好き』で気持ちを通わせるアラサーOLとJKが贈る『ガンプラ』日常コメディ!!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B085RNQ8MZ?ie=UTF8

私が好きなポイント

ガンダムファンの間で言われているような会話が作中ででてくる。

例えば
・シン・アスカは主人公とられた人
・seedで止めておいた方がいい
etc...

だがこれで終わりでなく、
登場人物それぞれがseedとseeddestinyに対して自分の意見を持っているところも好感が持てる。
実際のガンダムファンたちの会話にだいぶ近いのでは?

またガンプラは作るけどアニメはあまり見ないといったキャラもいる。
ので ガンプラ界隈 ガンダム界隈 に精通している人には 
時分と似たような考えのキャラがすぐ見つかり
共感できることも多いのではないかと

登場人物

神崎さやか
...1988年生まれ。14歳の時にseedを見る。ストライクに一目ぼれ。
だが、ガンダム好きを公言できないまま30歳を迎えるOL。
シンアスカ好き。

高宮宇宙
...2002年生まれ現役JK。ガンダム好き。
友人には公言しているがなかなか共感を得られない。

※ちなみに私はこの2人の中間の年代である(どっちの気持ちもわかるぜ)

2巻のメインの話

1巻ラストに登場した謎のプラモ好きJKと 主人公2人が絡んでいく。
メイン会場はプラモ展示会!

ビルダー桃香登場 からの 3人の関係

MOMOとしてモデラ―活動をしているJK。
展示会にて自作のガンプラを展示する。 が、宇宙そらのように公言できておらず、
自分がモデラ―であることを隠している。

最終的にはなんやかんや あって3人とも仲良くなれるのですが、

そこは実際に読んでいただいた方がいいですね!。

桃香は典型的なツンデレ

桃香の性格はツンデレでした。
大体予想はついていましたがw

ツンの時のセリフがすべてガンプラに関する内容なのでかなり新鮮です。
私もこんな友人が欲しい!!

まとめ

てな感じの2巻です。
がっつりなネタバレはしていないと思います。ので気になったかたは読んでみてはどうでしょうか?

ガンプラ作りたくなるし、
ガンプラ好きにならこうグッとくるセリフなんかもあります。

個人的にはもうちょいガンプラ作成のシーンが増えると嬉しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました